増枠はいつ受けられる?

同じところを長年利用していると、増枠に応じてもらえることがあります。レイクでも増枠は行なっていますが、実際に増枠してもらうには、いくつかの条件を満たしたうえで、増枠審査に通らなければなりません。

 

増枠は、具体的にどのようなタイミングで可能になるのでしょうか?そして、どのような条件を満たさなければならないのでしょうか?

 

レイクの基本的な借入額

レイクは銀行カードローンであるため、基本的には総量規制の対象にはなりません。しかし融資に関しては消費者金融と同じような経営体制をとっているようで、総量規制以上の融資はあまり行わないようです。

 

また、初回の融資も特別な事情がない限りは多くても50万円程度に設定されるようです。

 

増枠にはなにが必要?

増枠は、ある程度の利用実績、最低でも6カ月ほどの返済実績ができていないとできません。借りた当初より信用が上がっている必要があるのです。

 

実績ができていない、信用が上がっていない状態だと、増枠審査に申し込んでも通ることはないでしょう。また、提出しなければならない書類などはありません。

 

増枠可能かどうかを知るには

増枠が可能かどうかを知るための方法はいくつかあります。最も簡単なのが、会員ページを確認することです。「ご利用限度額アップのご確認・お申込み」から確認することができます。表記がなければ、まだ利用できないということです。

 

「お得な情報ご案内」サービスに登録してある場合はレイクから増枠案内メールが届きます。このメールが届くと、他の方法よりも増枠の可能性が高くなるようです。ただ、昨今ではその基準が厳しくなってきており、メールが来ることはあまりないようです。

 

また、レイクATMでも確認することが可能です。それ以外の方法では、電話で問い合わせて直接聞く方法がありますが、増枠可能かどうかを確認するだけなら、会員ページで確認したほうが早いでしょう。

 

増枠してもらうための手続き

会員ページから申し込む場合は、「ご利用限度額アップのご確認・お申込み」から増枠手続きを行なうことができます。それ以外の方法では、自動契約機やレイクATM、フリーダイヤルから申し込むことができます。申し込みが受理されたら、次は審査が行なわれます。

 

審査は、結果が出るまで数日かかり、今までの利用実績や信用から、実際に増枠可能か、どれだけ増枠できるかが判断されます。

 

また、審査に落ちた場合、現在の限度額が引き下げられたり、一定期間カードローンが利用できなくなるなど、大きなリスクを伴います。

 

増枠手続きを行なう際は、そういったデメリットがあると覚悟して申し込みましょう。