審査に通らなくなるNG行動

「審査に落ちてしまった!」と焦ってすぐ他の金融機関に申し込む前に、なぜ落ちてしまったのかを考えることが重要です。問題が解決できなければ、再度申し込んだところでまた落ちてしまうでしょう。

 

できれば、最初の段階で審査に通るのが一番です。レイクの審査で落ちてしまわないために、どういったことをすると審査に落ちてしまうのかを把握しておきましょう。

 

ブラック情報が登録されている

返済の延滞や債務整理の経験があると、個人信用情報機関にブラック情報が登録されてしまいます。この状態で審査に通ることはほぼありません。情報は約5年から10年は記録されるので、その間の借り入れは一切行なうことができなくなります。

 

加えて、債務整理の中でも民事再生や自己破産などの手続きを行なっていると、官報という機関紙に氏名、住所、電話番号が載ってしまい、闇金や悪徳業者に狙われることにもなります。

 

事実とは違う情報を提出した

ウソの情報や記入ミスは、正確な情報ではないためきちんとした確認が取れず、信用が落ちてしまいます。提出する前にミスがないか確認しましょう。

 

借入情報は個人信用情報機関で確認されるため、ごまかそうとしてもすぐにバレてしまいます。ごまかすことで審査に有利になるどころか不利になるだけです。担当者からいらぬ疑いをかけられないよう、正しい情報を提出しましょう。

 

在籍確認ができない

各金融会社によって重視している項目は異なり、その基準を満たしていないと、それだけで審査に落とされてしまうことがあります。

 

レイクの場合は在籍確認を重視しているようで、「在籍確認ができなかったから審査に落とされた」という口コミが少なくありません。そのため、基本的に電話に出られるような職場ではない、勤務情報に誤りがある、その他さまざまな理由で在籍確認ができない状態だと、審査に落とされてしまうようです。

 

借り入れできる基準に届いていない

収入がない、利用できる年齢に達していないあるいは越えているなど、申し込みの基準すら満たしていない方が審査に通ることはないでしょう。他にも、固定電話がないと信用は著しく低下し、審査に落とされます。

 

連絡先の重要度は1番が固定電話、その次が携帯電話です。

両方提出したほうが、より有利になるのは言うまでもありません。

 

また、勤続年数や居住年数も最低半年は経過していなければなりません。これらの年数は長いほど有利になるので、引っ越しが多い方やすぐに転職してしまう方は非常に不利な状態になってしまいます。