返済が遅れてしまったときの対処法

レイクの返済を忘れてしまったときは、どのようなことが起こるのでしょうか?返済日をすぎた時点で、年率20%の遅延損害金が発生します。これは無利息期間中であっても、必ず適用されます。

 

また、登録してあれば返済日が過ぎてしまったことを知らせるメールが届きます。登録していなければ、電話で連絡がきます。この状態を放置しておくと、さまざまなトラブルが見舞われることになります。延滞してしまったことに気付いたら、すぐに行動しましょう

 

気付いたらすぐに支払う

基本的なことではありますが、延滞したのに気付いたのであればすぐに支払いを行うことです。先延ばしにするメリットなどありません。むしろ、先延ばしにするほど遅延損害金が膨れ上がり、返済の負担が大きくなるだけです。可能であれば、返済日を忘れないように対策を立てましょう。

 

スケジュールなどに返済日が分かるようメモやしるしをつけても良いでしょうし、返済方法を見直して返済を忘れるというミスをできるだけ減らせる方法に切り替えることもできます。まだ登録していないのであれば、返済日お知らせメールを利用して、事前に返済日が分かるようにしましょう。

 

すぐに返済ができない場合は

場合によっては、すぐに支払いができないこともあるでしょう。そのような状況にあるなら、すぐにレイクに連絡して事情を説明し、少しの間待ってもらえないか頼んでみましょう。また、可能であれば支払いができる日にちを伝えるようにし、まだ日にちが決まっていないなら分かった時点で連絡して伝えましょう。

 

誠実な対応と返済する意思があることをアピールすると印象が良くなるので猶予をもらいやすくなります。そして、約束した日付までには必ず支払えるようにしましょう。

 

最悪の場合はどうなる?

何度も延滞を繰り返すと、出金停止処分になったり、個人信用情報にはブラック情報が記録されたりします。

 

出金停止処分が執行されるとお金を引き出すことが出来なくなり、返済していくだけになります。返済の延滞によるブラック状態は、5年間ほど記録されます。

 

また、返済する気がないという理由でのブラック状態は、債務整理よりも悪質と捉えられる傾向にあります。

 

返済日までに間に合わないと思ったら

急な出費や予期していなかった事態などで返済が遅れると気付いた場合はすぐにレイクに連絡し、事情を説明しましょう。事前に伝えておくことで、余計な混乱を回避することができ、お互いに不安を取り除くことができます。

 

また、レイク側も事情を考慮して対応してくれやすくなります。支払いが可能になる日にちは、ここでも必ず伝えましょう。