レイクを利用することで生じるリスクとは

レイクに限らず、借金をすることはリスクを伴う行為です。自分のお金であるかのように際限なく使い、気づいたときには返済が難しい状態になったり、生活そのものが苦しくなったりします。それと連動して、家族や友人、周りにいる人たちとの関係が壊れてしまうこともあるでしょう。

 

どれだけうまく使っていても、何かの拍子でうまく行かなくなることは誰にでもあるのです。

 

レイク特有のリスクとは?

レイクを利用していることで起こりえるリスクはあるのでしょうか?

 

特にそのようなことはないようです。レイクも他の金融会社と同じリスクをはらんではいるものの、レイクだから警戒しなければならないものは存在しません。総量規制の対象外であるとはいっても、融資の仕方は消費者金融と対して変わりません。

 

また、審査の厳しさは銀行と同じレベルであるため、リスクを抱えそうな人は、はじかれやすくなっています。

 

油断によるリスク

レイクは、金利が高いというデメリットがあります。しかし2種類の無利息期間があるため、利息の負担は大分軽減されるように感じるかもしれません。この油断が落とし穴になります。

 

実際に軽減される利息は1カ月分、長くても3カ月分だけです。それ以降は、通常の金利が適応されていきます。負担が少しでも軽くなった、という油断から無茶な借り入れをしてしまう可能性は決して低くはありません。

 

返済にまつわるリスク

返済が長引いて、払わなくてもいい金額まで支払っていることがあります。それだけならまだいいのですが、問題は完済のめどが立たず精神的に消耗することです。

 

返済ができているという達成感があれば返済が少しづつでも続けられますが、そうでないと大きなストレスを抱えることになります。そういったストレスから開放されるために、お金を使ってしまう人や、早く返済しようとして他社からお金を借りて、結果的にさらに借金を抱えてしまうなど、どうにもならないところまで行ってしまう方もいます。

 

最悪の場合、闇金や悪徳業者にだまされてしまうこともあり、返済に関連したリスクには十分注意する必要があります。

 

リスクと付き合っていくには

自分がどれだけ注意していても、リスクをすべて排除することはできません。

 

しっかり返済プランを立ててそのとおりに行動しても、周りに状況や環境が変化してしまうことがあるからです。リスクは排除するのではなく、柔軟に対応することが重要です。

 

そして、借金が自分ひとりの手に負えないときは、家族や友人に相談して助けや強力を求めたり、ファイナンシャルプランナーや弁護士や司法書士といったお金に関するトラブルに強い専門家に頼ることも必要です。